新橋でプロペシアを活用した薄毛治療を受けています

AGAという脱毛症は30代を過ぎてから発症することが多いようです

AGAという脱毛症は30代を過ぎてから発症することが多いようです。
自分は20代までは髪について意識することはなく、何よりボリュームが人並みにありました。
しかし33歳くらいから抜け毛が顕著に増加し、加速度的にボリュームが減っていったのです。
このまま何もしなければツルツルになるという恐怖感が生まれて、当初は新橋の育毛サロンに行こうと考えていました。
しかしたまたま目にしたAGAクリニックの治療費用を見たとき、育毛サロンと同等かむしろ安いくらいだったので、医療機関で治療を受けることに決めたわけです。
AGAクリニックとはいえども病院に違いはないので、当初は迷いがありました。
検査では何をされるのだろうと不安を感じましたが、簡単な問診を受けただけでした。
頭皮を顕微鏡でチェックされることもなく、何より頭皮を見せることがなかったです。
医師によると男性の薄毛はほぼAGAで、その原因は男性ホルモンにあるとのことです。
5α還元酵素という脱毛を促進する物質の分泌を、いかに阻害していくかが治療のポイントだと話していました。
そしてそのためには5α還元酵素阻害薬が必要になるそうです。
市販の発毛剤や育毛剤には、これらの働きを阻害する作用はないそうで、医師からはプロペシアの服用を推奨されました。

AGAという脱毛症は30代を過ぎてから発症することが多いようですプロペシアは守りの発毛治療薬と言われている服用を続けるか別の治療法にシフトするか考えている

新橋でプロペシアを処方するならこちらAGA・ED治療について-山田皮膚科医院